バストアップ

イソフラボンの一日の適正量とサプリメントでとるイソフラボンの上限は?

どのような栄養素でも一日に適正量というものがあります。
適正量をとることで、体にとって一番いい効果が得られます。
少なすぎると体にとって必要な栄養素が不足し、多すぎても逆に悪影響を及ぼしてしまう場合もあります。

中には少しであれば多く摂取しても問題ないものもあります。
それは栄養素によって異なるため、本来であればどの栄養素が一日にどのぐらい必要なのかをしっかり把握しなくてはいけません。
すべての栄養素をチェックするのはとても大変です。

しかし多くの栄養素の中でもサプリメントを使って摂取している場合は、特に注意が必要です。
なぜならサプリメントでは数粒で一日に必要な摂取量がとれるように作られています。
なので毎日の食事とのバランスを考えたうえで、サプリメントでとる上限を考えなくてはいけません。

サプリメントでも人気があるイソフラボンは、多くの人が摂取しています。
イソフラボンの一日の適正量は、一日あたり70〜75mgとされています。
これは食品安全委員会によって決められた数値です。

そのうちサプリメントで摂取する量としては一日当たり半分の30mgまでが適量だとされています。
もしもそれ以上のイソフラボンの摂取は、女性ホルモンをとり過ぎてしまいます。
するとホルモンバランスが崩れてしまって、女性であれば月経周期が遅れてしまったり、子宮内膜増殖症の可能性が高まってしまいます。

せっかく体にいいものを取り入れていたつもりでも、逆効果になってしまっては意味ありません。
だからこそ一日の摂取量は守らなくてはいけません。
イソフラボンといえば大豆を思い浮かべる人が多いでしょう。

和食よりも洋食が多くなってきた現代社会において、大豆が使われたメニューはとても少なくなってきています。
しかし大豆は加工品が多く、無意識にイソフラボンを摂取している可能性があります。
例えば、豆腐、豆乳、油揚げ、味噌、きな粉、納豆、おから、醤油などもイソフラボンを含む加工品となります。

大豆を直接食べていなくても日常的に使用する食品や調味料でイソフラボンを摂取しています。
一日に必要な摂取量http://www.stoptheftaa.org/itinitinosextusyuryou.htmlをすべてサプリメントで補ってしまうと確実に適正量を超えてしまいます。
なのでサプリメントの上限を決めることで適正量を守ることができます。

Copyright(C) 2013 体の成長や健康を支える栄養素 All Rights Reserved.