バストアップ

イソフラボンの種類はどのようなものがあるのか?

私たちの体にとって、健康に過ごすために必要な栄養素がいくつかあります。
中でも女性にとって喜ばれる成分の一つにイソフラボンがあります。
イソフラボンが配合されている化粧品関係やドリンク、サプリメントなどいろんな商品に含まれています。

なので、女性で知らない人はいないというほど認知度も高い成分です。
イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあることで有名です。
女性ホルモンは、年齢とともに減少してしまうのが特徴の一つです。

なので40代から始まる更年期障害も女性ホルモンのバランスが崩れることで起きてしまいます。
イソフラボンを積極的に摂取することで更年期障害の症状の緩和http://www.virid.us/kounennkisyougai.htmlに繋がります。
そんなイソフラボンについて名前や効果を知っている程度の人がほとんどです。
実はイソフラボンには種類があります。

イソフラボンは大きく分けて2種類になります。
まず一つ目は、グリコシド型イソフラボンです。
グリコシド型のイソフラボンは、糖分と繋がっているということが特徴です。

このグリコシド型イソフラボンを体内に摂取した場合は、まず糖分を分解しなければいけません。
なので吸収するまでに時間がかかります。
これに比べてもう一つのアグリコン型イソフラボンは糖分と結合していない単体のイソフラボンになります。

なので体内に入るとすぐに吸収されるという特徴があります。
この二つを比べると、アグリコン型イソフラボンのほうがしっかり吸収されるというイメージが持たれるでしょう。
実際はグリコシド型イソフラボンも糖分と分解されれば特に問題はありません。

体内で吸収されるまでには多くの時間がかかるため、その間に糖分と分裂されればイソフラボンの摂取量は変わりません。
中には日本人の腸内環境には、グリコシド型のイソフラボンのほうが適しているという学者もいます。
グリコシド型とアグリコン型がありますが、どちらのイソフラボンも必要な栄養素がしっかり摂取できるので問題ありません。

できれば、どちらのバランス良く摂取することで、確実にイソフラボンを摂取することができます。
食事に関しては、グリコシド型イソフラボンは、大豆製品に多く含まれています。
豆腐や豆乳、大豆などから摂取することができます。

一方アグリコン型イソフラボンは、大豆の発酵食品に多く含まれています。
例えば、味噌やしょうゆなどに多く含まれています。
そのほかにもおからやきな粉、油揚げ、納豆などの食品にもイソフラボンは、多く摂取できます。
たべものでイソフラボンを摂取するときには、どちらかのイソフラボンに偏らないようにしましょう。
そうすることでよりバランスのとれたイソフラボンを摂取することができます。

Copyright(C) 2013 体の成長や健康を支える栄養素 All Rights Reserved.