バストアップ

イソフラボンの女性ホルモンと類似している?

イソフラボンというと大豆を一番最初に思い浮かべる人が多いでしょう。
大豆に含まれるイソフラボンは大豆全体の約0.2%〜0.4%ほどしか含まれていいないとても貴重な成分です。
昔はよく大豆や大豆の加工食品を和食で取り入れることが多かったです。

しかし、今では洋食が多くなったことで、なかなか大豆を毎日取ることが少なくなりました。
なのでよりイソフラボンの成分を得られることが少なくなってしまいました。
そこで最近では大豆に含まれるイソフラボンの一日の必要摂取量が簡単にとれるようにサプリメントが増えています。

イソフラボンの最大の特徴は、女性ホルモンに似たエストロゲンという成分が含まれているということです。
女性ホルモンにはエストロゲンとポゲステロンという2種類に分かれます。
大豆に含まれるイソフラボンは、エストロゲンのほうに似ている働きをするといわれています。

このエストロゲンは卵胞から分泌されています。
女性ホルモンは20代をピークにだんだん減少してしまいます。
女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、生理不順や頭痛、感情の起伏が激しくなるなどの精神的な影響も強くなります。

また身体的な影響としても大きく生理が来なくなったり、子宮内膜症、冷え症、肌のトラブルなどを起こしてしまいます。
なので女性ホルモンのバランスがとても大事になります。
しかし、年齢によってはどうしようもない場合があります。

それが更年期障害です。
排卵が終わることで、女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、いろんな症状を引き起こしてしまいます。
めまい、疲労感、冷や汗、のぼせたり、うつ病、イライラするといった症状が起きてしまいます。
これらは女性ホルモンのエストロゲンが分泌されなくなることでおきてしまいます。

症状が重くて日常生活で困る人にとって、症状緩和させるためにイソフラボンを摂取する人が多くなりました。
またエストロゲンの分泌が無くなることで、生活習慣病http://www.skatingpa.org/seikatusyuukannbyou.htmlやがん骨粗鬆症になる可能性が高くなります。
なのでエストロゲンに似たイソフラボンを摂取することで、これらの病気を未然に防ぐことにも繋がります。

女性ホルモンは若い世代にとっても高年齢の人にとってもとても重要な成分です。
健康的な毎日を過ごすためにも、1日に必要なイソフラボンは摂取したいものです。
食事では毎日メニューを考えるのが大変なので、毎日のことなので思うように摂取できない場合があります。
定期的に女性ホルモンをしっかりとるためには、手軽に摂取できるサプリメントが一番お勧めです。
一緒にとるとより効果が期待でいる成分が含まれているものもあり、より効率よく栄養素を摂取することができます。

Copyright(C) 2013 体の成長や健康を支える栄養素 All Rights Reserved.