バストアップ

栄養と成分が注目されているイソフラボンとは?

今食品や化粧品などの医薬品などにもイソフラボンという名称がついた商品などがよく店頭に置かれています。
多くの人に知られるようになりますます認知度が高まっている成分といえます。
イソフラボンと聞くとまずまっ先に思い浮かべるのが大豆ではないでしょうか。

商品の中には大豆イソフラボンなどと大豆と一緒にかかれたタイトルの商品が多いため、すぐに大豆が思い浮かぶ人も多いでしょう。
そんなイソフラボンには隠された栄養素が含まれています。
日本では大豆は畑の肉と呼ばれるほど高い栄養素です。

そして大豆は日本人の食生活に多く取り入れられています。
和食で大豆を使った料理も多いですが、加工品かたも摂取していることが多いです。
例えば、豆腐、納豆、味噌、きな粉、油揚げなど意外に毎日の食事の中で使用されているものが多いのではないでしょうか。

なので大豆だけに限らず加工品も上手に活用することでイソフラボンを摂取することができます。
それではイソフラボンにはどのような有効成分が含まれているのでしょうか。
イソフラボンには、植物性エストロゲンが含まれています。

このエストロゲンは女性ホルモンに似た働きがあります。
女性ホルモンは年齢とともに不足しがちになり、更年期障害を引き起こしてしまいます。
更年期障害ではめまい、耳鳴り、冷や汗などいろんな症状がおきます。
女性ホルモンを摂取することで、症状緩和に効果的です。

またイソフラボンのエストロゲンの効果は、骨に含まれるカルシウムが流れ出てしまうのを防ぐ働きがあります。
なので、骨粗鬆症の予防としても効果があることが分かっています。
そしてもう一つ注目すべきことは、イソフラボンの抗酸化作用です。

抗酸化作用とは、活性酸素を抑制する働きです。
活性酸素は、体に蓄積されると細胞を酸化させてしまいます。
活性酸素によって引き起こるガンの予防にも効果があります。
そしてさらに、細胞の酸化を防ぐため、アンチエイジングにも効果があります。

Copyright(C) 2013 体の成長や健康を支える栄養素 All Rights Reserved.